ミュゼ評判

脱毛クリームのメリット・デメリット

脱毛クリームはカミソリや毛抜きに頼らなくても、家庭で気軽にできる脱毛グッズです。
脱毛クリームの特徴やメリット、デメリットについてまとめてみました。

≪脱毛クリームとは≫
脱毛クリームは、毛の成分を溶かす働きがあります。
ムダ毛が生えている肌表面に脱毛クリームを塗ってしばらく経つと、毛の部分だけジワジワと溶けてくる不思議なクリームです。
毛が溶けだしたらティッシュなどで拭きとり、水でしっかりと洗い流せば脱毛完了です。
クリーム状だけではなく、ムースやローションタイプもあります。

≪脱毛クリームのメリット≫
脱毛クリームは毛を溶かすので、カミソリのように肌表面がチクチクしません。
エステサロンに行けない人でも、脱毛クリームを塗ってチクチクから開放されます。

ドラッグストアでも気軽に購入でき、費用が掛からないのも嬉しいポイントですね。
インターネットショッピングでは、数多くの種類を見つけることができます。

≪脱毛クリームのデメリット≫
肌を労わる成分を含む脱毛クリームもありますが、毛を溶かすという特性を持つアルカリ成分の使用は避けられません。
パーマ液にも入っている成分なので鼻にツンとくるアンモニア臭がします。

臭いはコーティング技術によって抑えた成分が開発されていますが、アルカリ成分による刺激はどうしても避けられません。
そのため、肌の弱い人は炎症を起こしてしまいがちです。

また、しばらくすると毛が生えてくるので、一時的な効果しか期待できません。
肌への刺激を抑えたものはどうしても効果が弱くなりますし、効果を強くしたら肌のダメージが強くなるというジレンマがあります。

≪使う時の注意点≫
脱毛クリームは便利ですが、タンパク質を溶かす強い成分が入っているということを理解しなくてはなりません。
ですから、肌に塗って必要以上に放置するのは止めましょう。
肌質によっては使えない人もいるので、使用する前には必ずパッチテストを行うことが大切です。

脱毛サロンとクリニックはどう違うか

脱毛ができる場所は、脱毛サロンとクリニックに大きく分けられます。
それぞれの特徴について、まとめてみました。

≪脱毛サロンの特徴やメリット≫
脱毛サロンは気軽に脱毛ができる場所で、多くの人が施術できるように工夫されています。
コースやプランも豊富ですし、仕事で忙しい人でも通いやすいように営業時間を長めにし、休みを少なくしています。

全国展開する大手サロンもいくつかあり、インターネットやテレビ、雑誌などの広告活動も盛んに行います。
新規の客を取り込むために、割引キャンペーンもよく開催しています。
クリニックに比べて商売気が強く、勧誘が激しい印象もあります。
受けられる脱毛技術はフラッシュ脱毛やワックス脱毛で、レーザー脱毛は受けられません。

≪クリニックの特徴やメリット≫
クリニックは医療機関なので、レーザー脱毛が受けられます。
クリニックによっても異なりますが、電気脱毛やフラッシュ脱毛など、様々な技術を受けられます。
万が一肌トラブルがあってもすぐに治療してもらえますし、効果の高い技術を安全性の高い状況で受けられるのは、何よりも安心感が違います。

ただし、医療機関という特質から、土日がお休みで診療時間が短い場合も多いです。
プランも脱毛サロンに比べると少なく、初回限定のお得なキャンペーンもほとんどありません。
一般皮膚科のついでに脱毛コースを設けているようなクリニックだとキャンペーンが無くて寂しいですが、その分化粧品や他の高額なコースの勧誘が無いのも気楽です。

≪レーザーならクリニック、フラッシュなら脱毛サロン≫
通いやすさ、お得なキャンペーン、痛みの少ないフラッシュ脱毛を希望するなら、脱毛サロンが向いています。
安全性はどうなのかという疑問を持つ人もいますが、医療機関と提携して万が一のトラビルに迅速に対応できるようにしているサロンも多いです。

レーザー脱毛を受けたい、医療機関がいいというなら、クリニックがいいでしょう。
レーザー脱毛は医療機関でしか受けられない技術なので、脱毛サロンでは受けられません。
それぞれの特徴をよく理解して、どっちがいいのかを決めたいですね。

脱毛サロンはまずワキから

エステサロンで脱毛するのが初めてなら、まずはワキから試してみましょう。
いったいなぜワキから脱毛した方がいいのか、その理由を解説しています。

≪ワキ脱毛はキャンペーンが多い≫
ほとんどのエステサロンでは、ワキだけ低価格に設定したり、お得なお試しキャンペーンをしたりすることが多いです。
なぜなら日本では、大多数の女性がワキを処理していてその存在が邪魔だと思っているからです。

誰もが邪魔だと思っているワキですから脱毛の需要も高く、新規顧客を取り込むためにサロン側でもワキの費用を割り引いていることが多いのです。
数回数千円という価格も十分に安いですが、中にはワンコインでワキ脱毛が受けられるサロンもあります。
脱毛サロンを比較するために、敢えてキャンペーンをはしごするのもいいですね。

≪ワキ脱毛は範囲が狭い≫
ワキ脱毛は範囲が狭く、施術時間も短めです。
両ワキだと5分から10分で施術が終わります。
その分通常料金もあまり掛からないので、最初に脱毛サロンをお試しするには最適です。

それに服で隠すのも簡単なので、施術中で中途半端な状態の肌でも、露出することなく安心できます。
全身脱毛を考えている人も、いきなり高額プランを契約するのではなくまずはワキで試してからサロンを選ぶのがいいでしょう。

≪ワキ脱毛前の注意点≫
ワキ脱毛前には、シェービングしておくのが必須です。
毛が長すぎるとうまく処理できないので、シェービングするように勧められます。
カミソリではなく、肌をできるだけ傷つけない電気シェーバーが最適です。
毛抜きで抜いてしまうと生えてくるまで施術できないので、普段毛抜き処理している人は前もってシェーバー処理に切り替えましょう。

また、ワキ汗や臭いを抑えるために制汗スプレーを使用する人も多いのですが、施術前後に使うのは肌トラブルの元になるので使用を避けましょう。
どうしてもワキ汗が気になる場合は、汗ワキパットなどを使うと便利ですよ。